ユニバーサルマインド? ホーム福祉情報、バリアフリー情報、ユニバーサルデザインの紹介など、
極私的バリアフリー論などをつぶやいています
クリックで救える命がある。



障害者トイレ事情
ホーム > トイレについてメニュー > 障害者トイレ事情


排泄は人間の尊厳をも左右する重要な行為です。
この問題が解決されないと、我々は限られた範囲しか行動出来ません。


私は1962年生まれなのですが、子供の頃はトイレで非常に苦労しました、70年代はまだ洋式トイレは珍しく、公共施設でさえ障害者用トイレの設置は、ほとんどありませんでした。

したがって、外出や旅行などはかなり制限され、修学旅行も行けませんでした(それだけが理由では無いのですが大きなウエイトを占めています)初めて行く場所では不安になり、まずトイレ探しがクセになっていました。

80年代中頃より各自治体による福祉事業の推進により、各所に「車椅子専用トイレ」が設置され、一般の施設やデパートにも増設されてきた時期なんですが、使えないトイレが多かったですね。

トイレットペーパーがない、掃除用具置き場になっている、閉鎖された空間のせいか荒らされて鍵や便座が壊されていて、いつまでたっても修理されない、等々、そのようなトイレが多々ありました。
 
そして94年に「ハートビル法」が制定され、「バリアフリー」と言う言葉が市民権を得たように思います、最近建てられた大規模な店舗などは、この法律に従って建築されていますので、必ず障害者用トイレが設置されています、中・小規模の店舗は適用外なのですが、出入り口のスロープやトイレの手すりなどを増設されている店舗をよく見かけるようになりました。

最近では、トイレも人に優しい「ユニバーサルデザイン」へ変化しつつあります【車椅子専用トイレ】から【車椅子優先トイレ】そして小さなお子様連れの方などに便利な、誰でも使える【多目的トイレ】変化しつつあります。

私は車椅子ではないので、専用トイレの使用はちょっとためらう事もありましたが、最近では通常の個室でも広く、ほとんど洋式トイレが設置してありますので、外出時の不安はかなり減少しました。

 
私の場合、足元が広い洋式トイレがあれば用が足せます。

しかし、ユニバーサルデザインを謳った【多目的トイレ】が、車椅子の方にとって優しくない使いにくいトイレが多いようです、開閉式のベビーベットが開いたままだと、通れない・回転出来ないなど、使用者の意識とモラルによるものですけど、これは設計上の欠陥以外の何物でもない。

また、既設の【車椅子優先トイレ】をわざわざに改造し、ベビーベットやベビーチェアなどをを増設し、【多目的トイレ】として、車椅子の方が使えないトイレへ変貌している事があります、すべての設備を展開した状態で、以前以上の広さがなければ、車椅子の移動や介助が困難になる事も気づかずに・・・
 
建物管理者の方、建築士の方、メーカーの方へお願い致します、時代の流れ、イメージ、管理面だけで安易に【多目的トイレ】にしないで下さい、同じ車椅子でも電動等、一台一台サイズが違います、そして1人でも多くの障害者の意見を聞いて下さい。

今後のよりよい社会、町づくりために、ハートビル法の認定事項に、10人以上の各障害者の認定書が必要と言ったような項目があればなぁ~。


一般的な専用トイレですが、
ドアの開閉が非常に重かった。





ここは、男女それぞれにに専用トイレが
設置してありました、見ての通り
小用に人が立っていると車椅子は
通れません、そして何より介助者が
異性ですと中に入れません。





ある病院の車椅子優先トイレのベビーベットを展開した状態。
この開閉にはそれなりの力が要ります、
筋力の弱い方には、かなりの負担になります。
私が思うユニバーサルデザインのトイレ
出入り口が広く、車椅子の通行が容易で、充分な広さの多目的トイレがズラリと並んでいる・・・ このようなトイレであれば誰でも使えるユニバーサルデザインのトイレと言えるかもしれませんが、コスト・面積などの問題で現実では不可能ですよね(もしこのようなトイレがあればお知らせ下さい、取材に行きます、もちろんオストメイト対応トイレですが)

「このトイレは障害者優先トイレです」、と謳ってある【障害者優先トイレ】私はこれで十分ではないかと思います、(設備面は抜きに考えて)
人が多く集まる施設などでは、「混雑時は優先トイレをご利用下さい」とアナウンスしている所もよくあります、これでユニバーサルデザイントイレのできあがりです。

しかしここで問題なのは、使用者のモラルです。

以前掲示板に「優先トイレを使うか否か」と言ったテーマのスレッドを見かけたのですが、「絶対使わない」「混雑時に使う」「子供連れのとき使う」など様々な理由、意見が飛び交っていましたが、その中の意見の一つに「混雑時は当然使用すべき、排泄を我慢するのは障害者も健常者も同じ、車椅子に座っている分、楽なのだから譲る必要はない」と言う意見に目が点になりました・・・
 
当たり前の事ですが、車椅子の方は、「疲れたから」車輪付きの椅子に座っているのではありません、麻痺などによって「歩けない」のです。
さすがに上記の意見に対しては、全員無視で荒れる事無く意見交換が続いていました。

以前、腰椎麻酔で簡単な足の手術をした時に、短時間ですが下半身麻痺を体験しましたが、頭では理解していたつもりだったのですが、現実では、想像以上にキビシイと実感しました、ただベットの上に座っている事もままならないのですから。
日常の生活を送るために、私の想像を絶する大変なリハビリ・訓練に耐えて生活されている事を痛感しました。

話を戻しますが、【多目的トイレ】や【障害者優先トイレ】を誰もが使う事は賛成です、しかし、車椅子からの移動だけでも大変な労力と時間がかかります、下着をおろすだけでも大変なのです、又、カテーテルなどで一定時間に強制的に排泄しなければならない方も大勢いらっしゃいます。

【多目的トイレ】の場合、その使用目的からはずれる意見ではありますが
【多目的トイレ】や【障害者優先トイレ】を使用される場合は、できるだけ短時間で使用して頂ければ、その時点でユニバーサルデザインのトイレに変身します。(2.3人で入り込み化粧・談話室代わりに使う・洗髪をする・カップルがこもって出てこない・・・など実際によくあるそうです)

人の心が入らないと、誰でも使えるトイレにはなりません。

障害者を特別扱いしてほしいと言ってるのではありません。
誰もが1日に数回行う排泄行為が、設備や条件が整わないと出来ないことを知ってほしいだけです。



昇降装置付き便座
便座が電動で上下しますので私のように、両足、両手の筋力が弱い場合、座る時、立つときに楽です。

などと、2005年当時は吠えていましたが↑
それから8年ほど経過した2014年の現在、やはり圧倒的に多目的トイレの数が増え、私的にはあまりトイレで困ると言うような事は殆ど無くなりました。
(屋外から出入りできる多目的トイレは異常に汚い事が稀にありますが・・・)

とは言え、まだまだ車椅子常用の方やオストメイトの方などは困難な局面に遭遇することは多々あると容易に想像できます、誰もが気持ちよく使えるトイレがもっともっと増えると良いですね。


トイレについてメニュー
障害者トイレ事情
オストメイト
排泄について

HOME
【障害者福祉制度メニュー】 【視覚障害メニュー】
【障害者手帳の取得メニュー】 【聴覚障害メニュー】
【障害年金メニュー】 【発達障害メニュー】
【車両関係メニュー】 【社会の縮図TDRメニュー】
【法律関係メニュー】 【トイレについてメニュー】
【障害者総合支援法メニュー】
(※旧障害者自立支援法)
【小児病棟メニュー】
【学校メニュー】 【私が作るバリアメニュー】
【四肢障害メニュー】 【そのほかメニュー】

スマホ版

【お問い合わせ】

© 2005-2015 ユニバーサルマインド? All Rights Reserved