ユニバーサルマインド? ホーム福祉情報、バリアフリー情報、ユニバーサルデザインの紹介など、
極私的バリアフリー論などをつぶやいています
クリックで救える命がある。



ディズニーランドのジレンマ Ⅱ
ホーム > 社会の縮図TDRメニュー > ディズニーランドのジレンマ Ⅱ


※ここ数年TDRへは行ってません(^^;) 最新情報はTDRへお尋ね下さい。

障害をお持ちの方で、来園予定、検討中の方は、是非インフォメーションセンターへ相談して下さい、来園予定日、障害の種類、程度などを伝えると、折り返し担当者から電話が架かって来ます、アクセスの方法や、パーク内での利用可能な施設、アトラクションなど、希望に合わせて詳しく聞く事が出来ます、又、障害のある方への「インフォメーションブック」、「インフォメーションCD」を事前に郵送してもらう事もできます。

現地でも、困った事や、問い合わせがあれば、ウェルカムセンターを始め、近くのキャストに相談すれば、速やかに対応してくれます。
東京ディズニーリゾート

TDRバリアフリーのページ

TDRインフォメーションセンター
045-683-3777


2014年7月 ディズニーシーのページ下部にちょこっと追記しています。とっちらかっててすみません(^^;)
キャストの配置数が減っており、混雑時期では食事さえ困難になりますので余裕を持った計画でお楽しみください。
マニアとTDR
リピート率90%以上のTDR、つまりゲストの9割は「マニア」です(程度の差は大きいですが)、決して悪い意味では無く、それだけ年代を問わずに支持されている証拠です。

ゲストを強引に4段階に分けて見ますと(あくまでも私個人の抽象的な判断ですので・・・)

ディープなマニア
当然年間パスポートを所持し、パークはすべて制覇しており、興味は、ダンサー、限定品の収集、新アトラクション、限定のショーなどにそそがれます、いつでも来られるので、あくせくとパークを回る事はせず、一つの目的が達成されたら数時間で帰ったりします、何ともうらやましい。

超マニア
年間パスポート所持者、又は年に2度以上来園し、新アトラクション・ショー・グッズ・ダンサーなどに敏感で、常に裏技、攻略法を収集し実践する、又、横のつながりも広く、場所取りや列に並ぶ等を分担し、その行列で合流したりします、その数も10人以上だったりするので、他のゲストとトラブルになる事も・・・。

マニア
裏技、攻略法の情報収集し、一つでも多くのアトラクションを体験しようと計画を立て、パークを1日中かけずり回るが、目標達成出来ずに次回に闘志を燃やす超マニア予備軍。

TDRファン
上記マニアには、張り合っても勝てないと悟り、アトラクションはそこそこに、マニアを眺めながら時間と空間を楽しむタイプ。

2000年、ディズニー・シーのオープンを前に、ゲストアシスタンスカードの導入、TDRバリアフリー分科会の設置など、バリアフリー促進に大きく動き出した年です、しかしゲストアシスタンスカードについては、非常に残念な結果となりました、基本的にTDRでは、手帳を取得していない障害者がいますので、障害者手帳等の証明書の提出を求めません、(本国アメリカでは、障害の内容を尋ねる事は法律で禁止されていてそれに準じています)そのTDRが診断書の提出を求めなければならないほど一部マニアの不正取得が横行し、結果、「待ち時間0」のゲストアシスタンスカードは廃止になりました。

現在では、「待ち時間経過後、専用の入口よりご案内」のゲストアシスタンスカードがありますが、HPを始め、インフォメーションブックなどに、一切案内されていません、OLC社長のTDRのバリアフリーへの取り組みのインタビュー記事でも、そんな物無いかのように一言も出てきません、導入時より一貫した姿勢です、不正防止の観点からなんでしょうが、マニアの間では常識となっています。

パレードやショーなどは、「車椅子専用エリア」が設置されます、専用ですので障害があっても、車椅子が無ければ入れません、TDRでは車椅子のレンタルがあり、様々な配慮から貸出条件などはありません、車椅子を自ら押して走り回り、パレードの時だけ専用エリアで車椅子に乗って見るゲストを、何度か見たことがあります。

当たり前ですが、TDRは企業であり自治体ではありません、すべてのシステムは本国ディズニー社の許可が必要です、しかし障害者を含めすべてのゲストが平等に楽しめる様に配慮し努力を続けています、この姿勢は他の企業、国、自治体に見習ってほしいものです、私は「待ち時間0」のゲストアシスタンスカードの復活を望む1人です、TDRも廃止を前提に制度を作る訳は無く、十分に検討、準備した上で導入に至ったと思います、ゲストの為に作った制度が、ゲストにより崩される、そして本国ディズニー社との間でジレンマを感じている事でしょう、批判覚悟の苦渋の選択だったと思います、この事が原因で、これまでの姿勢の温度が下がる事を懸念しています。
障害者の家族とTDR

一部のマニアの事ばかり言いましたが、ここからは一部?の問題のある障害者の事を・・・
私が以前に見た事を少しだけ。

子供を楽しませる為に連れて行ったTDRが、いつの間にか親の方が熱狂的なファンになっている事が非常に多いそうです、私もその口です、障害者の家族も、その魔法にかかったと思われる事をよく体験します。

私がTDRに行った場合、その敷地の広大さ故、車椅子か電動カートを利用します、身体機能上どうしても利用出来ないアトラクションも多いので、私の楽しみのメインはショーやパレードです、鑑賞の際はよく車椅子専用エリアを利用させて頂いています。

原則、専用エリアは車椅子の方と同伴の方1人(後方で鑑賞)、電動カートはベビーカーと同じ扱いで不可、なのですが、担当キャストの判断で、その時の混雑具合や状況に応じて調整されています。

6.7人の同伴者全員で一番前で見たいと、ごねる家族、パレード開始時間ギリギリにやってきて、場所を空けろと言う家族、一般のゲストが1時間以上前から待っている事などまったく考えて無く、サポートでは無く、車椅子特典としか思ってない様な言動が繰り広げられます。

私は専用エリアへは早めに行きますのでいつも最前列になります、私は座高が高いです(ほっとけ!)、毎回ですが、あとから来た子供さんが私の後ろになると見えないと思いますし、当然、おっさんよりも子供優先と考え、その時は場所を譲りますがキャストからは「ありがとうございます」とこちらが恐縮するぐらいお礼を言われるのですが、当の家族から礼を言われたことは過去に一度だけです、それが当然と思っていると考えざるを得ません。

現実社会でもそうですが、サポートと優遇を混同し、障害を盾にして一般の人以上の権利を主張する障害者がいます(本人はその自覚が無い!)、「待ち時間0」のゲストアシスタンスカード廃止当時は、障害者の家族のわがままが廃止の原因の一つであると言った声も多く聞かれました。

たとえば、私がキャストとして、水戸黄門の印籠のように何も言わずにゲストアシスタンスカードを目の前に突き出すゲストを、気持ちよくサポートする事は出来ないでしょう、(実際よくあるそうです)
チョットした事ですが、人としてコミュニケーションは大事です、逆の立場で考えればすぐに解る事です。

施設、ゲスト、キャストで成り立つ『夢と魔法の王国』ですが、一部の障害者の意識改善がなければ、真の意味で本当に、『永遠に完成しない』ネズミ御殿になってしまいます、現実社会でも同じ事が言えるのではないでしょうか。


社会の縮図TDRメニュー
ゲストアシスタンスカード 
TDRのジレンマ Ⅰ
TDRのジレンマ Ⅱ
ディズニーランド
ディズニーシー
TDRバリアフリーPhoto

HOME
【障害者福祉制度メニュー】 【視覚障害メニュー】
【障害者手帳の取得メニュー】 【聴覚障害メニュー】
【障害年金メニュー】 【発達障害メニュー】
【車両関係メニュー】 【社会の縮図TDRメニュー】
【法律関係メニュー】 【トイレについてメニュー】
【障害者総合支援法メニュー】
(※旧障害者自立支援法)
【小児病棟メニュー】
【学校メニュー】 【私が作るバリアメニュー】
【四肢障害メニュー】 【そのほかメニュー】

スマホ版

【お問い合わせ】

© 2005-2015 ユニバーサルマインド? All Rights Reserved