福祉情報、バリアフリー情報、ユニバーサルデザインの紹介など、極私的バリアフリー論などをつぶやいています

障害者手帳の取得

ホーム > 障害者手帳の取得


障害者手帳は三種類あります、身体障害者手帳、療育(愛の)手帳、精神障害者保健福祉手帳です。

身体障害者手帳の場合、重複する障害があれば等級が上がりますが、他の種類の手帳との重複ではそれぞれの等級は干渉されません。

つまり身体障害者手帳と療育手帳の両方を所持していても、それぞれの等級に合ったサポートしか受けられません、障害が重複する事はより重度と言う簡単な足し算なんですがチョット?です。

障害者自立支援法では3障害が一本化されましたが手帳に関しては議論すらないようです、支援法の施行前に三種類の手帳を統合し、総合的な判断による障害認定をしていれば、支援法における障害程度・認定作業の混乱は少しでも回避出来たのでは無いか?

障害者手帳、自立支援法、障害年金の判定基準がそれぞれ大きく違い、同一人物の等級がそれぞれ違うことに矛盾を感じます。

※将来、障害年金申請も想定されますので、申請用診断書は必ずコピーを取って保管しましょう。

身体障害者手帳 身体障害者手帳の取得までの流れ、障害程度等級表
障害程度等級表 肢体不自由
障害程度等級表 視覚・聴覚障害
障害程度等級表 心臓、腎臓、呼吸器、膀胱、直腸、小腸、免疫機能の障害
療育手帳 療育手帳の取得までの流れ、障害程度等級表
精神障害者保健福祉手帳 精神障害者保健福祉手帳の取得までの流れ、障害程度等級表

障害者手帳の取得メニュー
身体障害者手帳
療育手帳
精神障害者保健福祉手帳

ホーム
【障害者福祉制度メニュー】
【障害者手帳の取得メニュー】
【障害年金メニュー】
【車両関係メニュー】
【法律関係メニュー】
【障害者総合支援法メニュー】
(※旧障害者自立支援法)
【学校メニュー】
【四肢障害メニュー】
【視覚障害メニュー】
【聴覚障害メニュー】
【発達障害メニュー】
【社会の縮図TDRメニュー】
【トイレについてメニュー】
【小児病棟メニュー】
【私が作るバリアメニュー】
【そのほかメニュー】

【お問い合わせ】

© 2005-2016 ユニバーサルマインド? 
All Rights Reserved