福祉情報、バリアフリー情報、ユニバーサルデザインの紹介など、
極私的バリアフリー論などをつぶやいています
クリックで救える命がある。



耳マークの普及
ホーム > 聴覚障害メニュー > 耳マーク


国際シンボルマーク
聴覚障害国際シンボルマーク
聴覚障害を示す世界共通のシンボルマークです。る場所、窓口などで使われています。

※このマークは2003年に行われた世界ろう連盟会議をもって使用を取りやめになっているそうです。
新たなマークについては現在思案中とのこと。


世界ろう連盟
国内シンボルマーク
聴覚障害者国内シンボルマーク
(耳マーク)
このマークは「耳が不自由です」という自己表示が必要ということで作成されたものです。

受付窓口などでは、「手招きして呼ぶ」「大きな声ではっきり話す」「筆談をする」などご協力をお願いします。

このマークは、聴覚障害の方が自発的に使用するものです。法的拘束力はありません。


(社)全日本難聴者・中途失聴者団体連合会

耳マークの著作権は(社)全日本難聴者・中途失聴者団体連合会にあり、複製、引用、転載は許諾が必要です。
当サイトは承諾を頂いております。


音の無い世界とはどのような物か?、いくら強く耳を塞いでも、体から伝わる振動で音は聞こえるので、疑似体験すら私には出来ません。

若い頃、よく行っていたパチンコ屋さんで、聴覚障害のご夫婦と顔見知りになりました、私は手話が出来ませんので、単に、「今日はどう?」「いやあ、ダメダメ」といった事を身振り手振りでコミュニケーションを取っていた程度です、もっと伝えたい事や聞きたい事もあるのにそれができないジレンマを感じていました。

社会生活の上で、一つのコミュニケーションツールとして、銀行、病院などの窓口での順番待ちの時、聞こえない事による不利益解消、聴覚障害者が自主的にシンボルマークを装着し、聴覚障害者への理解、協力を得るために耳マークは生まれました。

耳マークは聞こえない人々の存在と立場を社会一般に認知してもらい、コミュニケーションの配慮などの理解を求めていくためのシンボルです。

シール
病院の診察券、保険証、預貯金通帳、各種会員カード、等に貼ることにより、「呼ばれても聞こえない」ことを知らせる。

バッチ
装着により、上記の順番待ち等の場面で、本人確認、呼び出しが容易になる。

カード
1.耳が不自由です お手数ですが筆記してください
2.呼ばれても聞こえません 手で合図してください
日常生活の様々な場面で使用が考えられます。

表示板
公共、商業施設のカウンター等に表示する物、「耳の不自由な方は筆談しますので申し出て下さい」と書かれています、これがあると筆談をお願いする抵抗が軽減する。

このマークは、聴覚障害者が自発的に使用するもので、法律的な効力は一切ありません、障害者全般に言えることですが、自分が障害者であることの看板をぶら下げて周りに知らせる事を好みません、(外出、人の多い場所が苦手)見た目で判らない体幹障害であればなおさらでしょう、その中で耳マーク普及のために外出の際は耳マークのバッチを付けて、1人でも多く聴覚障害について理解を得るきっかけとして努力されている方が多くいらっしゃいます。

聴覚障害に関しては、音を光りや文字等に置き換える以外に、俗に言うバリアフリーは無いような気がします、心のバリアフリー、ユニバーサルマインドが不可欠です、日常生活はもちろんですが、特に災害時、緊急時には視覚で判る、人の手による案内が必要です。

この耳マークが広く普及するには、まず各施設のカウンターに表示板を設置して頂き、日常的に耳マークを眼にするようになれば、一気に社会へ浸透すると思います、難しい事ではありません、手話は出来なくても筆談が出来ない事はないはずですから。

実際の商品はこちらでご確認下さい。

全難聴 耳マークグッズの販売



【聴覚障害】メニュー
 耳マークの普及
 聴覚障害サポート器具
 聴導犬


HOME
【障害者福祉制度メニュー】 【視覚障害メニュー】
【障害者手帳の取得メニュー】 【聴覚障害メニュー】
【障害年金メニュー】 【発達障害メニュー】
【車両関係メニュー】 【社会の縮図TDRメニュー】
【法律関係メニュー】 【トイレについてメニュー】
【障害者総合支援法メニュー】
(※旧障害者自立支援法)
【小児病棟メニュー】
【学校メニュー】 【私が作るバリアメニュー】
【四肢障害メニュー】 【そのほかメニュー】

スマホ版

【お問い合わせ】

© 2005-2016 ユニバーサルマインド? All Rights Reserved