ユニバーサルマインド? ホーム福祉情報、バリアフリー情報、ユニバーサルデザインの紹介など、
極私的バリアフリー論などをつぶやいています
クリックで救える命がある。



メイク・ア・ウィッシュ
ホーム > 小児病棟メニュー > メイク・ア・ウィッシュ


2007/2/3 
メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは千人目の夢を叶えました(^^)

メイク・ア・ウィッシュ(Make A Wish)という世界最大の、いかなる政治的宗教的団体にも属さないボランテア団体をご存じでしょうか。

X-JAPANのギタリスト故hideさんと1人の難病の少女との交流(骨髄バンクのCMにもなりました)、2005年の「24時間テレビ」のドラマ「小さな運転士 最後の夢」(劇中ではメイク・ア・ドリームとなっていましたが、違う目的で実在する団体で、よく混同されています)などで思い出される方も多いのではないでしょうか。

3歳から18歳未満の難病と闘っている子どもたちの夢を叶え、生きる力や病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って 1980年にアメリカで設立されました。

アリゾナに住む、クリスという男の子は警察官になるのが夢でした、クリスは血液のガン白血病に冒され、母親のリンダは彼の余命が3年と宣告されており、夢の実現が難しいことを知っていましたが、それでも警官になる夢を応援しました。

クリスが5歳の時、母リンダと共にリンダの友人ケイの家を初めて訪ねたところ、ケイの夫トミー・オースティンと出会う、彼は連邦麻薬取締局に勤務する現役の特別捜査官でした、トミーはクリスに、将来警官に推薦することを約束し、クリスは大喜びしました。
しかしトミーは妻にクリスの病気のことを聞き、ショックを受けた。

その後もクリスとトミーや同僚らとの交流が続き、警官になる夢を持って強く生きるクリスの存在は、警官である彼らにとっても大きな励みになっていた。
ヘリでパトロールすることに強く憧れていたクリスに、トミーはいつかヘリでドライブをする約束をしていた。

1980年4月、クリスの容態が悪化、緊急入院し余命2ヶ月を宣告されました、昏睡状態が続いていましたが、数日後にリンダの「クリス!トミーさんがヘリコプターに乗せてくれるって!」という言葉を聞くと奇跡的に目を覚ました、医師も驚く程体力が回復したのでした、さらに外出許可も出たクリスは、ついにトミーら警官とヘリコプターに乗れることになった。

病室に迎えに来たのはトミーの同僚のハイウェイパトロール達でした、彼らはドライブではなく、クリスにパトロールを一緒にしてもらうと言い、パトロール隊のバッジを彼に渡した、向かった先は、アリゾナ州警察本部で、州警察全体が、一人の少年の夢を叶えるために動いていた、特注のユニフォームを用意され、本物の隊員たちとヘリでパトロールをした、クリスの話に心を打たれた最高幹部であるラルフ・ミルステート本部長の計らいで、クリスは本物のハイウェイパトロールに任命されたのだ、翌日もクリスは元気に警察署にやってきて、ミニチュアの白バイに本物のシールを貼ってもらい、市内をさっそうとパトロールした。

こうして4日間、同僚達と元気に行動を共にしたクリスは、就任5日目、病院で静かに息を引き取りました、1980年5月3日、享年7歳。

この年、4日間行動を共にしたハイウェイパトロールのフランクとリンダの間に難病と闘う子供たちの夢を叶えたいという案が生まれた。こうしてボランティア団体「グレシャス・メイク・ア・ウィッシュ(後のメイク・ア・ウィッシュ)」が生まれました。

日本では1992年にスタートしました。当時沖縄在住のスーザン・アルブライトさんが、アメリカで理学療法士をしていたときに 「闘病生活の中で、夢を持つ子供の瞳の輝き」に心を打たれた、日本でスーザンさんは、沖縄の魔除けの「シーサー」が男の子の夢を叶えるという童話「ふしぎなシーサー」を出版し、その印税をすべて設立資金にあて、「メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン」は誕生し、 日本でも活動が始められました。
1994年に事務局を東京に移し、仙台、静岡、北陸、関西、名古屋、福岡、札幌、広島に支部を設立し、全国で活動しています。


子供の頃、皆さんはどんな夢をお持ちでしたか?
子供の頃、入院したことはありますか?
入院した時、どんなことを夢に描きましたか?

メイク・ア・ウィッシュは、かわいそうな子供にプレゼントをあげる団体ではありませんし、最後の思い出を作る団体でもありません、あくまでも本人が主役で、夢を叶える為のお手伝いを、様々な見知から検討し実行します、野球選手とキャッチボールがしたい、Jリーグの選手に会いたい、イルカと泳ぎたい、サンタクロースと遊びたい、ミッキーに会いたい、などの多くの夢が叶えられています。

心から笑う事や、気分の高揚などによって、免疫力が向上する事が明らかになっています、すべての子供ではありませんが、夢が叶えられるプロセス、事、によって、「奇跡的」と言われるような回復する事例があるそうです、それは奇跡ではなく、更なる希望や夢が生まれ、病気と闘う、生きる活力がより多く生まれ、人間本来の生命力が向上するのではないかと私は考えています。

ディズニーランドに行ってミッキーと遊びたい、と言う夢も多いそうで、以前TDRへ旅行に行ったときに、開園前に並んでいた所、スーツ姿の方たちとストレッチャーの子が開園時間前に入園する姿を娘たちが目撃したそうです、きっとメイク・ア・ウィッシュだと今でも確信しています、その子は満面の笑みと輝く瞳で楽しいひとときを過ごす事が出来た事でしょう。

ちなみに、私が子供の頃入院していたときに見た夢は「ラーメン食いたい」でした、実に夢のない子供で御座いました ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


小児病棟メニュー
トラウマ
~を救う、助ける会
メイク・ア・ウィッシュ
家族

HOME
【障害者福祉制度メニュー】 【視覚障害メニュー】
【障害者手帳の取得メニュー】 【聴覚障害メニュー】
【障害年金メニュー】 【発達障害メニュー】
【車両関係メニュー】 【社会の縮図TDRメニュー】
【法律関係メニュー】 【トイレについてメニュー】
【障害者総合支援法メニュー】
(※旧障害者自立支援法)
【小児病棟メニュー】
【学校メニュー】 【私が作るバリアメニュー】
【四肢障害メニュー】 【そのほかメニュー】

スマホ版

【お問い合わせ】

© 2005-2015 ユニバーサルマインド? All Rights Reserved