福祉情報、バリアフリー情報、ユニバーサルデザインの紹介など、
極私的バリアフリー論などをつぶやいています
クリックで救える命がある。



高齢運転者等専用駐車区間制度
ホーム > 車両関係メニュー > 高齢運転者等専用駐車区間制度


2010年4月19日より施行

『高齢運転者等専用駐車区間制度』について


 

駐車禁止除外指定車証とはちょっと異なる制度が始まりました。

官公庁や病院の周辺道路上に高齢運転者等専用駐車区間が全国362か所に設置されます。

これらの道路標識がある区間には、高齢運転者等標章の交付を受けた方が運転する標章を掲示した
普通自動車のみが駐車をすることができます。

対象者が運転する普通自動車で
・70歳以上の方
・聴覚障害であることを理由に免許に条件を付されている方
・肢体不自由であることを理由に免許に条件を付されている方
・妊娠中又は出産後8週間以内の方
以上が『高齢運転者』となるそうです

専用の標章が必要で各都道府県警察署にて申請
専用の標章を提示せず駐車した場合は通常の違反より高い反則金
標章を不正に他人に貸与した場合5万円以下の罰金

全国362か所に設置
設置場所、申請方法については各都道府県警察本部にお問い合わせください。


条件の「肢体不自由であることを理由に免許に条件を付されている方」ではかなり限られた方となりますが・・

各障害で駐車禁止除外を受けている方は駐車禁止除外指定車標章でこの区間に駐車できるか?

東京都は明確に「駐車禁止除外指定車証」を使用できるとされてます、ですが都道府県によって解釈が違う場合があるかもしれませんので
必ず各都道府県警察本部にお問い合わせください

※福岡県は使用不可でした。




【車両関係】
 障害者専用駐車場
 車両標識
 駐車禁止除外指定車証
 駐車禁止除外指定者標章の使用範囲
 駐車禁止除外指定車証改正経緯
 駐車禁止除外指定車証 交付条件情報
 福祉車両
 障害者の自動車運転免許取得
 パーキングパーミット制度
 高齢運転者等専用駐車区間制度


HOME
【障害者福祉制度メニュー】 【視覚障害メニュー】
【障害者手帳の取得メニュー】 【聴覚障害メニュー】
【障害年金メニュー】 【発達障害メニュー】
【車両関係メニュー】 【社会の縮図TDRメニュー】
【法律関係メニュー】 【トイレについてメニュー】
【障害者総合支援法メニュー】
(※旧障害者自立支援法)
【小児病棟メニュー】
【学校メニュー】 【私が作るバリアメニュー】
【四肢障害メニュー】 【そのほかメニュー】

スマホ版

【お問い合わせ】

© 2005-2015 ユニバーサルマインド? All Rights Reserved