ユニバーサルマインド? ホーム福祉情報、バリアフリー情報、ユニバーサルデザインの紹介など、
極私的バリアフリー論などをつぶやいています
クリックで救える命がある。



駐車禁止除外指定者標章の使用範囲
ホーム > 車両関係メニュー > 駐車禁止除外指定者標章の使用範囲 


標章により認められる駐車とは

次の場所では、【駐車禁止除外指定車証】を表示しても、一般車両と同じく取り締まりの対象になります

道路標識等による駐停車禁止の場所
 
法定駐停車禁止の場所
交差点、横断歩道、自転車横断帯、踏切、軌道敷内、坂の頂上付近、勾配委の急な坂、トンネル
交差点の側端又は、曲がり角5m以内の部分
横断歩道、自転車横断帯の前後の側端5m以内の部分
安全地帯の左側の部分及び、前後の側端から10m以内の部分
バス停から10m以内の部分
踏切から前後の側端から10m以内の部分
高速自動車国道等
 
法定駐車禁止の場所
自動車用出入り口から3m以内の部分 (一般家庭の車庫出入り口もこれにあたります)
道路工事区域の側端から5m以内の部分
消防用機械器具の置き場もしくは消防用防火水槽の側端又はこれらの出入り口から5m以内の部分
消火栓、指定消防水利の標識が設けられている位置又は消防用防火水槽の吸水口もしくは吸管投入孔から5m以内の部分
火災報知器から1m以内の部分
 
無余地駐車となる場所 
駐車車両の右側に3.5m以上の余地が無い場所
 
禁止されている駐車の方法
歩道上、右側駐車、二重駐車、斜め駐車、等
 
車庫代わりの駐車及び長時間駐車
自動車の保管場所の確保に関する法律


つまり・・・
上記以外の場所で道路標識、道路標示により駐車が禁止されている道路になります。

普通に思う以上に使用できる範囲はかなり限定されると思います。

文字だけでは非常に分かりにくいので更新の時に頂いた福岡県警のパンフレットを転載させて頂きます。
※クリックで等倍の画面が開きます。
私は標章と連絡先(携帯番号)と共にこのパンフレットをクリアファイルに入れて車に乗せています。


使用者の責任

2007年、各都道府県交通規則細則改正により交付条件に違いはあるものの、使用範囲は全国統一されています。
有効期限である平成22年までは経過過程として新標章、旧標章、介護用標章などが混在し、府県によっては旧標章を新標章とみなす、更新し新標章に切り換えなければ新規則に準じない、と、かなり全国的に混乱期にありました。

今回の改正で一番大きく変わったところは指定車から指定者へ変更になり、事実上一部特殊車両を除いて「介護用」の標章は無くなる事になり、「この標章の交付を受けた本人が現に使用中の車両」と、明文化された事です。
※本人が現に使用中・・・とは、標章の交付を受けた本人が使用中の車両(タクシー、知人の車等)

本人が乗車していないのに使用した場合は当然違反となり、不正使用と見なされます。

例えば・・
・本人の薬を代理で受け取りに行った場合の使用
・所用を頼まれ、本人より標章を借りての使用・・・などなど・・・

当たり前の事ですが、不正使用の言い訳としてこの様な事を理由とする不届き者が後を絶ちません。
この場合、駐車違反は当然ですが、交付者本人も責任を問われ、悪質と判断された場合は返納命令が出されます。


本人交付により運転免許を取得していなくとも交付される事になりましたが、運転免許所持者でも上記の使用出来る範囲を把握していない方が多い。

例えば・・・
・通勤で勤め先近くの路上へ駐車する
・自宅近くの路上へ駐車する・・・などなど・・・

自動車の保管場所の確保に関する法律(車庫代わり、長時間駐車)により、標章を提示しても違反になります、また、自宅にいる場合は「標章の使用目的」に該当しません


使用目的とは基本的に、緊急、やむを得ない場合、かつ必要最小限になります。
用務用件の内容は考えないとして、すぐ近くに有料駐車場がある場合の使用・・・
これは違反でしょうか?

違反では無いにしても、私は”モラルの欠如”ではないかと思います、この標章は交付者の経済を補助するものではありませんし、一般の方から見てこの行為はどのように映るか?


駐車禁止除外指定車証は障害者の権利を主張するものではありません。
使用者自身がモラルと法律を厳守することは当然の義務です、それが出来ないのであればすべての福祉制度を受ける資格は無いと思います


法律に違反していませんか?
道路の幅員や法定駐車禁止場所の距離を測る目安として、普通車では大体長さ5m弱、幅180cm弱です、また自車の車検証でサイズを把握し目測で何台分か?更に余裕があるか?
悩んだら駐めない!を推奨しています。

本当にそこに駐めなければならない理由はありますか?
そこに駐める事により他の一般車両の違法駐車を助長しませんか?
緊急、やむを得ない場合の使用理由がありますか?

法律、モラルを厳守している者は迷惑しています、何度も言いますが、この標章は障害者の権利を主張するもの、サービス、優遇措置、駐車違反の免罪符ではありません、この標章をお持ちの方はよく考えて使用されるようお願い致します。

この標章は該当する障害者の特権ではなく、社会生活へのサポート(支援)である事への謙虚な自覚を強く求めます。


【車両関係】
 障害者専用駐車場
 車両標識
 駐車禁止除外指定車証
 駐車禁止除外指定者標章の使用範囲
 駐車禁止除外指定車証改正経緯
 駐車禁止除外指定車証 交付条件情報
 福祉車両
 障害者の自動車運転免許取得
 パーキングパーミット制度
 高齢運転者等専用駐車区間制度

HOME
【障害者福祉制度メニュー】 【視覚障害メニュー】
【障害者手帳の取得メニュー】 【聴覚障害メニュー】
【障害年金メニュー】 【発達障害メニュー】
【車両関係メニュー】 【社会の縮図TDRメニュー】
【法律関係メニュー】 【トイレについてメニュー】
【障害者総合支援法メニュー】
(※旧障害者自立支援法)
【小児病棟メニュー】
【学校メニュー】 【私が作るバリアメニュー】
【四肢障害メニュー】 【そのほかメニュー】

スマホ版

【お問い合わせ】

© 2005-2015 ユニバーサルマインド? All Rights Reserved