福祉情報、バリアフリー情報、ユニバーサルデザインの紹介など、
極私的バリアフリー論などをつぶやいています
クリックで救える命がある。



駐車禁止除外指定車交付条件情報 近畿地区

駐車禁止除外指定車証、交付条件情報

大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県の情報

赤文字等級はその都道府県独自の等級


大阪府 平成19年8月1日施行
障害の区分

障害の級別

視覚障害
1級から3級までの各級及び4級の1
聴覚障害
2級及び3級
平衡機能障害 3級
上肢不自由

1級、2級の1及び2級の2

下肢不自由
1級から4級までの各級
体幹不自由
1級から3級までの各級
乳幼児期以前の非進行性の
脳病変による運動機能障害
上肢機能:1級及び2級
(一上肢のみに運動機能障害が
ある場合を除く)
移動機能:1級から4級までの各級
心臓機能障害
1級及び3級
じん臓機能障害
1級及び3級
呼吸器機能障害
1級及び3級
ぼうこう又は直腸の機能障害 1級及び3級
小腸機能障害
1級及び3級
免疫機能障害 1級から3級までの各級
肝臓機能障害 1級から3級
知的障害者 重度(A)
精神障害者 1級
色素性乾皮症の患者
大阪では最初から下肢障害4級までになっています。


※大阪府警HPに記載あり


兵庫県 平成19年7月1日施行
障害の区分

障害の級別

視覚障害
1級から4級までの各級
聴覚障害
2級及び3級
平衡機能障害 3級
上肢不自由

1級及び2級
(2級にあっては、両上肢の機能の著しい障害又は両上肢のすべての指を欠く障害に限る)

下肢不自由
1級から4級までの各級
体幹不自由
1級から3級までの各級
乳幼児期以前の非進行性の
脳病変による運動機能障害
上肢機能:1級及び2級
(一上肢のみに運動機能障害が
ある場合を除く)
移動機能:1級から4級の各級
心臓機能障害
1級、3級及び4級
じん臓機能障害
1級、3級及び4級
呼吸器機能障害
1級、3級及び4級
ぼうこう又は直腸の機能障害 1級及び3級
小腸機能障害
1級、3級及び4級
免疫機能障害 1級から4級までの各級
肝臓機能障害 1級から3級
知的障害者 重度
精神障害者 1級
色素性乾皮症の患者
新たに以下の障害が加わり、それ以外は以前と対象等級は変わらないようです。

聴覚障害【2級及び3級】
上肢機能障害【1級及び2級】
(2級にあっては、両上肢の機能の著しい障害又は両上肢のすべての指を欠く障害に限る)
乳幼児期以前の非進行性に脳病変による運動機能障害
上肢機能【1級及び2級】
(一上肢のみに運動機能障害がある場合を除く)
精神障害【1級】


※兵庫県警HP交通部Q&Aに記載あり


京都府 平成21年4月1日施行
障害の区分

障害の級別

視覚障害 1級から4級の1
聴覚障害 2級及び3級
平衡機能障害 3級
上肢不自由 1級から2級の2
下肢不自由 1級から4級までの各級
体幹不自由 1級から3級
乳幼児期以前の非進行性の
脳病変による運動機能障害
上肢機能:1級及び2級
(一上肢のみに運動機能障害がある場合を除く)
移動機能:1級から4級
(一下肢のみに運動機能障害がある場合を除く)
心臓機能障害 1級及び3級
じん臓機能障害 1級及び3級
呼吸器機能障害 1級及び3級
ぼうこう又は直腸の機能障害 1級及び3級
小腸機能障害 1級及び3級
免疫機能障害 1級から3級
肝臓機能障害 1級から3級
知的障害者 重度(A)
精神障害者 1級
色素性乾皮症の患者
平成21年4月1日再改正

京都府道路交通規則(昭和35年京都府公安委員会規則第13号)の一部を次のように改正する。
第6条の5第1項第11号中「別記様式第7号の7」の右に「又は別記様式第7号の7の2」を加え、同号ア中「有するもの」の右に「その他同等の障害を有する歩行が困難な者として公安委員会が認めるもの」を加え、同項第12号ウ中「歩行困難」を「歩行が困難」に改める。
別表第1下肢不自由の項中「1級、2級及び3級の1」を「1級から4級までの各級」に改め、同表中「1級から3級までの各級(一下肢のみに運動機能障害がある場合を除く。)を1級から4級までの各級に改める。

別記様式第7号の7の次に次の1様式を加える。

『身体障害者等使用中』へ名称変更

平成21年3月17日付け京都府広報より


※京都府警HPに記載あり
【都道府県議会、障害者団体等の情報】
京都府肢体障害者協会、京都市肢体障害者協会による署名活動の展開。
京都府公安委員会宛に、「駐車禁止除外指定車の交付の弾力化を求める嘆願書」提出

2008年3月14日 京都府議会(予算委員会概括質疑)において府警本部長へ質問

他府県の多くが同じ改正をしている
府・市の肢体障害者協会との対応をこれまでにも持ったし、今後とも同協会や関係者との対応は続けていく

などの答弁でしたが、改正理由、経過措置後の取り扱いなど具体的な回答はなし。


話はさかのぼりますが、大阪毎日放送 2007年10月22日放送 「ちちんぷいぷい」で京都府警は

現在京都府で除外対象者が26000人に交付
改正で86000人が交付を受けると想定
今回対象外になる人たちをプラスすると交付対象者が10万人を超える
それを10万人未満に留めるために軽度?(いわゆる2種の該当者)を対象外にしたと説明されていました。

まったく持って本末転倒!あきれるばかりです。。。


滋賀県平成20年12月26日施行
障害の区分

障害の級別

視覚障害 1級から3級までの各級及び4
級の1
聴覚障害 2級及び3級
平衡機能障害 3級
上肢不自由 1級、2級の1及び2級の2
下肢不自由 1級から4級までの各級
体幹不自由 1級から3級までの各級
乳幼児期以前の非進行性の
脳病変による運動機能障害
上肢機能:1級及び2級
移動機能:1級から4級までの各級
心臓機能障害 1級及び3級
じん臓機能障害 1級及び3級
呼吸器機能障害 1級及び3級
ぼうこう又は直腸の機能障害 1級及び3級
小腸機能障害 1級及び3級
免疫機能障害 1級から3級までの各級
肝臓機能障害 1級から3級
知的障害者 重度A1、A2で「再判定」の月末まで
精神障害者 1級で「再認定」の月末まで
色素性乾皮症の患者 日出から日没までの間に限る
平成20年12月26日再改正

下肢不自由の項中「3級の1」を「4級」に改め、同表乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能
障害の項中「(一上肢のみに運動機能障害がある場合を除く。)」を削り、「移動機能│1級および2級」を「移動機能│1級から4級までの各級」に改める。

平成20年12月26日付け滋賀県公報より


※滋賀県警HP「県警からのお知らせ」に記載あり
【都道府県議会、障害者団体等の情報】
滋賀県ろうあ協会が変更を求めていた「歩行困難者使用中」の名称、希望者に「○ ○ (身体障害の部位ま
たは内容) 障害者使用中」または「身体障害者使用中」とすることができるよう変更。
2008年3月14日県広報にて公示。
2008年4月より施行。


奈良県 平成20年12月26日施行
障害の区分

障害の級別

視覚障害 1級から3級までの各級および4
級の1
聴覚障害 2級及び3級
平衡機能障害 3級
上肢不自由 1級、2級の1及び2級の2
下肢不自由 1級から4級までの各級
体幹不自由 1級から3級までの各級
乳幼児期以前の非進行性の
脳病変による運動機能障害
上肢機能:1級及び2級
(一上肢のみに運動機能障害が
ある場合を除く)
移動機能:1級から4級までの各級
心臓機能障害 1級及び3級
じん臓機能障害 1級及び3級
呼吸器機能障害 1級及び3級
ぼうこう又は直腸の機能障害 1級及び3級
小腸機能障害 1級及び3級
免疫機能障害 1級から3級までの各級
肝臓機能障害 1級から3級
知的障害者 重度(A)
精神障害者 1級
色素性乾皮症の患者 日出から日没までの間に限る
平成20年12月26日再改正

「1級、2級及び3級の1」を「1級から4級までの各級」に、「1級から3級までの各級(一下肢のみに運動機能障害がある場合を除く。)」を「1級から4級までの各級」に改める。
別記様式第7号の2(表)中「歩行困難者等使用中」を「除外対象者使用中」に改める。
平成20年12月26日付け奈良県公報より


※奈良県HPに記載なし


和歌山県 平成21年3月6日施行
障害の区分

障害の級別

視覚障害 1級から3級までの各級及び4
級の1
聴覚障害 2級及び3級
平衡機能障害 3級
上肢不自由 1級、2級の1及び2級の2
下肢不自由 1級から4級までの各級
体幹不自由 1級から3級までの各級
乳幼児期以前の非進行性の
脳病変による運動機能障害
上肢機能:1級及び2級
(一上肢のみに運動機能障害が
ある場合を除く)
移動機能:1級から4級までの各級
心臓機能障害 1級及び3級
じん臓機能障害 1級及び3級
呼吸器機能障害 1級及び3級
ぼうこう又は直腸の機能障害 1級及び3級
小腸機能障害 1級及び3級
免疫機能障害 1級から3級までの各級
肝機能障害 1級から3級までの各級 
知的障害者 重度
精神障害者 1級
色素性乾皮症の患者 日の出から日没まで
平成21年3月6日再改正

改正の内容、下肢障害3級の2、3級の3、4級及び移動機能障害3級、4級の方を交付対象としました。


※和歌山県警HPに記載あり
「歩行困難者使用中」の表示部分については、被交付者が特に希望する場合は、「○○(身体障害の部位又は内容)障害者使用中」又は「身体障害者等使用中」とすることが出来る。
平成20年12月2日付け和歌山県報より 即日施行
【都道府県議会、障害者団体等の情報】
和歌山の方より情報を頂きました。

「意見書により」的な表現が公報に書かれていますが
「医師の意見書が有効なのは3級に限る」だそうです。

県報に書いてある書いていないで押し問答になったそうですが、和歌山県報はweb上では半年間しか公開されていませんので、今は県庁情報公開コーナーで確認をとるしかありませんが、県警のページに以下の文がありました。

細則第5条第2項第9号アに定める「下肢傷害を有し、かつ、当該障害に係る1級、2級若しくは3級の1の身体障害者手帳の交付を受けている者と同程度に歩行が困難であると医師が認めたもの、又は乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害(移動機能)を有し、かつ、当該障害に係る1級若しくは2級の身体障害者手帳の交付を受けている者と同程度に歩行が困難であると医師が認めたもの」とは、障害等級が下肢障害3級の2、同3級の3又は乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害(移動機能)3級の者で、身体障害者福祉法第15条第1項による指定を受けた医師が作成した意見書(別記様式第2号)により歩行が困難であると認めたものをいう。


この趣旨は3級の歩行困難を確認するためと思われますが、そこまで手間をかけるなら等級にこだわらず、意見書による審査をすればいいと思うのは私だけでは無いと思います。

※再改正により意見書の提出は廃止


【車両関係】
 障害者専用駐車場
 車両標識
 駐車禁止除外指定車証
 駐車禁止除外指定者標章の使用範囲
 駐車禁止除外指定車証改正経緯
 駐車禁止除外指定車証 交付条件情報
 福祉車両
 障害者の自動車運転免許取得
 パーキングパーミット制度
 高齢運転者等専用駐車区間制度

HOME
【障害者福祉制度メニュー】 【視覚障害メニュー】
【障害者手帳の取得メニュー】 【聴覚障害メニュー】
【障害年金メニュー】 【発達障害メニュー】
【車両関係メニュー】 【社会の縮図TDRメニュー】
【法律関係メニュー】 【トイレについてメニュー】
【障害者総合支援法メニュー】
(※旧障害者自立支援法)
【小児病棟メニュー】
【学校メニュー】 【私が作るバリアメニュー】
【四肢障害メニュー】 【そのほかメニュー】

スマホ版

【お問い合わせ】

© 2005-2015 ユニバーサルマインド? All Rights Reserved