福祉情報、バリアフリー情報、ユニバーサルデザインの紹介など、
極私的バリアフリー論などをつぶやいています
クリックで救える命がある。



自閉症の歴史
ホーム > 発達障害メニュー > 自閉症の歴史


1943年、アメリカの児童精神科医のレオ・カナーが早期幼児自閉症として報告されたのが最初と言われています、当然その障害自体は古くから存在していたと思われます。

「聡明な容貌・常同行動・高い記憶力・機械操作の愛好」などの特異な症状をもつ11例の子供達を報告し、統合失調症【(旧)精神分裂病】の症状の状態を表す「自閉」【Autism(オーティズム)】と名付けました、これが医学上の歴史の始まりになります。

当時カナーは、自閉症の原因は後天的なもので、親の愛情不足による心因性の症状と考え、自閉症児の母親を冷蔵庫マザーと呼び、愛情を持って育てれば治癒する物と考えていた、また、カナーは自閉症児を統合失調症の幼児版であると考え、「小児分裂病」とも呼んでいた。

冷蔵庫マザー理論を広く社会や医療界に知らしめたのはカナーではなく、シカゴ大学教授で子供の発達を専攻するブルーノ・ベッテルハイムで、1950年代から60年代にかけて発表した自身の論文、書籍に、自閉症は親の愛情不足であると非難を展開しました。

自閉症児の親たちは冷蔵庫マザーのレッテルを貼られ、社会的な非難、自責の念、罪悪感に悩まされ、悲しいことに現代でも、この間違った解釈が少なからず社会に根付いています。

冷蔵庫マザーは、日本ではあまりなじみのない言葉ですが、30代半ば以上の方ならご記憶にあるかと思いますが、同じような事が70年代半ばに起こりました、精神科医が書いた「母原病」と言う本がベストセラーになり、子供の不登校、家庭内暴力などの精神的な原因は親にあると言う主張の本で、しつけ、過保護、愛情不足などを警鐘する内容です。

病名ではなく、あくまでも造語ですが、「母原病」と言う言葉が一人歩きして、当時の多くの母親は子育てに対する自責の念に駆られたそうです。

ベッテルハイムの著書は日本でも広く読まれ、母原病の本と相まって、未だに自閉症は母原病であると主張される専門外のお年を召した医師が現代でもいます。

70年代になりイギリスの医師、マイケル・ラター等により、自閉症は先天性の脳障害説が発表され大きな転換期を迎えます。
「自閉症は、脳の発達に障害があって起こる
その結果、脳の働きに歪みが起こり特異な言語障害、見たり、聞いたり、触ったりした事の意味や理解したり、応用したりする概念、認知能力に障害が見られる
これらの事が基本にあって人との関係ができにくかったり、強いこだわりや常同行動が出たり、等の特異な症状を示す。」
現在でも自閉症の原因は諸説あり確定できていませんが、現在主流の認識になっています。

日本では一時期、児童教育の専門家2名による「テレビの見過ぎが自閉症の原因」との自説を書籍などで展開し、環境原因説が横行しました、その結果自閉症は親の責任との認識がさらに世間に広がる事になります、70~80年代の事です、しかし本当に問題なのは、現在でも増版され訂正されることも無く販売され、様々な人に読まれていることです。


わずか半世紀ほどの歴史しかありません、日本では更に歴史は浅く、誤った認識が今なお続いています、自閉症は重度の引きこもり、親の虐待、愛情不足により発症、本人の努力で治る病気等々。

この障害は段差をなくすバリアフリーなどはなんの役にも立ちません、心のバリアフリーと社会的な福祉支援が不可欠です、発達障害者支援法が施行されたのが2005年の事です、まだまだ通う学校もない、受け入れてくれる施設もない状態が続いています、将来に悲観し、絶望感から、虐待、無理心中が後を絶ちません、我々に出来る事は限られていますが、正しい認識を持つ事だけでご家族のとって、どれだけの勇気がもてるか計りしれません。


2012年5月、地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)大阪市議団は7日、市議会への提出を検討していた「家庭教育支援条例案」について白紙撤回するとのニュースが出ました。

その条例案はこちら
「自由法曹団」家庭教育支援条例 (案)

問題と思われるのが前文の
近年、軽度発達障害と似た症状の「気になる子」が増加し、・・・
ここで言う「気になる子」を軽度発達障害と似たと言う曖昧な表現。

第4章 (発達障害、虐待等の予防・防止)
(発達障害、虐待等の予防・防止の基本)
第15条
乳幼児期の愛着形成の不足が軽度発達障害またはそれに似た症状を誘発する大きな要因であると指摘され、また、それが虐待、非行、不登校、引きこもり等に深く関与していることに鑑み、その予防・防止をはかる
ここでは「気になる子」と「軽度発達障害」が同義となり、愛着形成の不足が大きな要因であると指摘されとありますが、上記していますように誤った認識をそのまま引用してきたような気がしてなりません。

(発達障害課の創設)
第17条
1項 発達障害の予防、改善のための施策は、保育・教育・福祉・医療等の部局間の垣根を廃して推進されなければならない
2項 前1項の目的達成のために、「発達障害課」を創設し、各部局が連携した「発達支援プロジェクト」を立ち上げる

ここでは完全に「気になる子」=「発達障害」になってしまってます。


まあこれでは批判を受けて当然かと思います・・・
が、問題の箇所を除けば全体的に見て悪い条例ではないと個人的には思います
特に「発達障害課」の創設などは殆ど地方自治体で見られない「発達障害者支援法」に準じた施策ではないかと。

このような誤った認識は一定の年齢以上に多く擦り込まれているような気がします
これを機会に正しい認識が広まり、そこには様々な支援が必要であると感じる方が一人でも増えればいいなと思っています。



障害者関係のニュースが出ると検索により我がしょぼいサイトでも沢山の方にに来て頂いています
このニュースにより我がサイトへお越し頂いた方よりメールを頂き貴重なお話を頂きましたので引用致します。

---ここから---
自閉症やアスペルガー症候群が発見されるまで(日本の場合、この概念が導入され、多くの関係者に知識として行き渡る前)このような方がどうであったかですが、一部の方は統合失調症(精神分裂病)として精神病院に長期間入院していた(現在もしている)と思われます。

私自身このような方を複数の精神病院で数名見つけ、一名だけは周囲の理解を取り付けることに成功し、退院までもってゆくことができました。実は私の専門は精神科ではなく、先輩精神科医師のメンツにあまり気をつかう必要がなかったためうまくいったのではとも思います(それでも学会や論文で発表することはできませんでした)。

全国調査すればこのような方が多数見つかると思うのですが、力及ばずできておりません。
---ここまで---
私と同年代の医師、nekojyarasisさまより


私としては思うことが色々ありすぎてうまく文章に出来ません・・・

2012年5月追記


【発達障害】
 自閉症とその名称
 自閉症の歴史
 アスペルガー症候群
 発達障害者支援法概要

HOME
【障害者福祉制度メニュー】 【視覚障害メニュー】
【障害者手帳の取得メニュー】 【聴覚障害メニュー】
【障害年金メニュー】 【発達障害メニュー】
【車両関係メニュー】 【社会の縮図TDRメニュー】
【法律関係メニュー】 【トイレについてメニュー】
【障害者総合支援法メニュー】
(※旧障害者自立支援法)
【小児病棟メニュー】
【学校メニュー】 【私が作るバリアメニュー】
【四肢障害メニュー】 【そのほかメニュー】

スマホ版

【お問い合わせ】

© 2005-2015 ユニバーサルマインド? All Rights Reserved