ユニバーサルマインド? ホーム福祉情報、バリアフリー情報、ユニバーサルデザインの紹介など、
極私的バリアフリー論などをつぶやいています
クリックで救える命がある。



普通ってなに?
ホーム > 私が作るバリアメニュー > 普通ってなに?


普通という語を辞書で調べると

特に変わっていないこと。
ごくありふれたものであること。
それがあたりまえであること。
特別ではなく、一般的であること。
などと書いてあります。

日常的に、会話やこのサイトでも普通と言う言葉をよく使います、意味の範囲は非常に広く、人・物・心など、さまざまな場面で使用されます。

ほとんどの方は普通に生きて、生活されていると思います、私も普通に生きて、生活しています、意外に思われますか?

私個人のことですが、中途障害ではなく、先天的な疾病により、生まれてから現在にかけて徐々に障害が進行していますので、常にその状態に慣れており、不自由は有っても、それが自分にとって普通なんです。

つまり普通は一般的であることのはずなのに、人により大きく意味、範囲が違います。

福祉・介護関係の書籍を見ると、『障害者は特別扱いされる事を嫌う』と書いてあります、その理由は、上記のように、その状態が自分にとって普通だからと、勝手に解釈しています。

でも白状します

誰かが「障害は不幸では無い」と言っておられました、私もそう思います、しかし「障害は特別幸せでもない」と付け加えればですが・・・

あくまでも私個人の事ですが(くどい?)、たまにですが、体の調子が悪い時がつづいたりすると、精神的にも弱くなり、「なぜ自分は普通ではないのか?」と、自分の努力や力ではどうする事も出来ない状況に負けてしまいます、「だからもっと特別扱いしてくれ」と思う事もしばしば・・・、でも結局はこれが自分にとって普通なんだと、自分に言い聞かせて強がっています、そうする事により、精神のバランスを保っています。

非常にポジティブな自分とネガティブな自分が交互に現れ、自分でどうする事もできません、意外と私のような方は、多いのではないかと、勝手に想像しています。

そのネガティブな状態の時に、私自身がを作り、障害に対して、特別感や誤解を、人に生じさせています・・・ 深く反省・・・



私が作るバリアメニュー
普通ってなに?
小さなお子さんをお持ちの方へ
先天障害と中途障害
障害は個性か?
隠れる障害者、隠す家族

HOME
【障害者福祉制度メニュー】 【視覚障害メニュー】
【障害者手帳の取得メニュー】 【聴覚障害メニュー】
【障害年金メニュー】 【発達障害メニュー】
【車両関係メニュー】 【社会の縮図TDRメニュー】
【法律関係メニュー】 【トイレについてメニュー】
【障害者総合支援法メニュー】
(※旧障害者自立支援法)
【小児病棟メニュー】
【学校メニュー】 【私が作るバリアメニュー】
【四肢障害メニュー】 【そのほかメニュー】

スマホ版

【お問い合わせ】

© 2005-2015 ユニバーサルマインド? All Rights Reserved