福祉情報、バリアフリー情報、ユニバーサルデザインの紹介など、
極私的バリアフリー論などをつぶやいています
クリックで救える命がある。
車両標識、車に貼るマーク
ホーム > 車両関係メニュー > 車両標識、車に貼るマーク


※初心者マークは皆様ご承知の事とし割愛させて頂きます。

国際シンボルマーク
最初にお断りしますが厳密にはこれを貼れる車はかなり限定されます。

車両に表示する標識について、特に誤解が多い国際シンボルマークについて。

財)日本障害者リハビリテーション協会様より

国際シンボルマーク
国際シンボルマーク

個人の車に表示することは、国際シンボルマーク本来の主旨とは異なります。
障害のある方が、車に乗車していることを、周囲にお知らせする程度の表示になります。

したがって、個人の車に表示しても、道路交通法上の規制を免れるなどの法的効力は生じません。

駐車禁止を免れる、または障害者専用駐車場が優先的に利用できるなどの証明にはなりませんので、ご理解の上ご使用下さい。
※日本での取り扱い     (財)日本障害者リハビリテーション協会


この国際シンボルマークは最近では至るところで見かけますが、特に気になるのは、このマークのステッカーを貼った車両が異常に増えたように思います。

本来このマークーは、障害者が(も)利用出来る建物、施設、電車・バス等公共交通機関を表す物であり、表示には明確な基準があり「ハートビル法」「交通バリアフリー法」などと併せて適合した物に表示されます。

昔、このマークを大量に仕入れ、「これを貼っていれば、駐車禁止の取り締まりを逃れることが出来る」などと嘘を言い、高額で販売し、詐欺容疑で逮捕された馬鹿な男もいます。

なぜ、昔は(財)日本障害者リハビリテーション協会でなければ購入出来なかった物が、現在一般に販売されているのか?(*-゛-) う゛~ん よくわからん???

デイケア送迎車などのリフト付き福祉車両低床バスなどの装置を設けた車に貼ってあるのは理解出来るのですが、どう見ても普通の一般車両によく貼ってあります。(まったく主旨が違う)
このマークは障害者を表す物ではありません、障害者が利用できる施設を表す物です。

このマークを貼っても「赤ちゃんが乗ってます」と同様に、障害者が乗っていることを知らせる程度の物でしかありません。

ホームセンターや100均などで普通に売っていますが、このステッカーを貼っても駐車禁止を免れる、車椅子専用駐車場が優先的に利用できるなどの効力は、一切ありません

障害者自身が運営されているサイトで、障害者はこのマークを車両に貼るように推奨されている方もいらっしゃいました。

用途を十分に承知されていて貼っている方も多く、その理由として「障害者であることを知らせるため」です、同様に下のクローバーマークも同じ意味で貼られていることが多いようです。

使い方としてはどうかと思いますが、他に車両に表示する「障害者」を表すマークが無い以上なんとも言えませんが。。。


誤解により、「高齢者がよく乗車するから」等の理由で貼っている方もいらっしゃるでしょうが、上記の事を解っていて確信犯的に障害者駐車スペースに停めていると思われることがよくあります。

現在多くの府県でパーキングパーミット制度が導入されてます
対象となる方は是非そちらの制度を利用して頂きたいと思います。

ちなみに私の車には国際シンボルマークは貼っていません。



身体障害者標識

肢体不自由であることを理由に免許に条件(改造車限定等)を付されている方が自身で運転する車に表示するマークです。

初心者マークと同じように、やむを得ない場合を除き、このマークをつけた車に幅寄せや割り込みを行った運転者は、道路交通法の規定により罰せられます。

駐車禁止区域の除外などの法的な適用は一切有りません。

このマークの表示については、努力義務となっています。
身体障害者標識
身体障害者標識

このマークを付けた車両を最近よく見かけるようになりました、と言うかこちらも異常なほど見かけます。
片手で操作出来るハンドルや、手でアクセル、ブレーキを操作出来るように車両を改造して(この逆に足だけで操作する方もいらしゃるそうです)ご自身が運転されている車がそんなにいるか???

障害者自動車免許などと言うものはありませんから、一般の方と同じように筆記試験、実技試験に合格して交付されます。

この場合は、まず運転免許試験場(公安委員会)で”適正相談”を受け、”無条件適格”であれば、一般の方と同じように指定教習所での取得になります。
”条件付き適格”の場合、(助成はありますが)自前で改造車を用意して持ち込みで教習所に通います、そして仮免、本験は筆記、実技ともに試験場で受けなければなりません。

非常に大変です。障害者の自動車運転免許取得

運転者保護のためにあるのでしょうが、どうやって”幅寄せや割り込み”を取り締まりするのか?
他の標識同様に不思議でなりません。

この標識が貼ってある車を見ると、どんな改造が施してあるかついのぞき込んでしまうのですが、まったく改造されていない事が殆どで改造された車は数回しか見たことがありません。

※2017/6月追記
障害によりAT車限定等の条件を付す場合があるので必ず補助装置があるわけでは無いとご指摘を頂きました、考えてみればそうですよね、AT車限定免許と条件として障害によるAT車限定を混同してました<(_ _)>スミマセン

なんか近年やたらとこのマークを貼ってる車を見ますが、ホームセンターで見たパッケージに『このステッカーを張って障害者である事を知らせましょう』的な事が書いてありました!!

初心者マークと同じで対象者以外が貼っても罰則はありません
だからといって上記↑のような売り文句はいかがなものかと憤りを感じます。

なんか
車椅子マーク=障害者が同乗している
クローバーマーク=障害者が運転している(肢体不自由以外も含む)


みたいな認識が広まっているようで、知恵袋に堂々と書かれていました。

いやいや、違いますから~~~~!!!

四肢障害がある私でも免許に障害による条件は無いので貼ることはできません。

この標識は対象外の車両に貼る事は道交法違反で罰則になる事を強く望みます

道路交通法で、あくまでも走行している車の保護義務を認識するためのマークで、停車している場合駐車禁止除外指定車証パーキングパーミット制度のような効力はありません。

良ければこちらもお読みください

身体障害者標識 - Wikipedia

聴覚障害者標識

普通自動車を運転することができる免許を受けた人で、政令で定める程度の聴覚障害のあることを理由に当該免許に条件を付されている人です。
特定後写鏡(ワイドミラー又は補助ミラー)

※表示しない場合、道路交通法違反になります。


これは何度か補助ミラーを装着した車を見たことがあります。

聴覚障害者標識


高齢運転者標識

高齢の方が自身で運転する車に表示するマークです。

こちらも初心者マークと同じように、やむを得ない場合を除き、このマークをつけた車に幅寄せや割り込みを行った運転者は、道路交通法の規定により罰せられます。

以前は75歳以上でしたが、現在は70歳以上に改正されました。

このマークの表示については、努力義務となっています。

※2008年6月1日 改正道路交通法で、75歳以上の高齢運転者の車両に「高齢運転者標識」(もみじマーク)の表示が義務付けられました。

高齢運転者標識
高齢運転者標識(旧)
普通自動車を運転することができる免許を受けた、年齢が70歳以上の人で、加齢に伴って生ずる身体機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがある人です。

現在は
「七十五歳以上のものが高齢運転者標識を付けないで普通自動車を運転すること」を禁じる規定があるが、この規定は、道路交通法附則第22条により、当分の間、適用しないこととされているので、現在、高齢運転者標識の表示義務及び違反者に対する罰則はなく努力義務になっています。

※当分の間旧マークも使用することが出来ます。

高齢運転者標識
(2011年2月より)


【車両関係】
 障害者専用駐車場
 車両標識
 駐車禁止除外指定車証
 駐車禁止除外指定者標章の使用範囲
 駐車禁止除外指定車証改正経緯
 駐車禁止除外指定車証 交付条件情報
 福祉車両
 障害者の自動車運転免許取得
 パーキングパーミット制度
 高齢運転者等専用駐車区間制度

HOME
【障害者福祉制度メニュー】 【視覚障害メニュー】
【障害者手帳の取得メニュー】 【聴覚障害メニュー】
【障害年金メニュー】 【発達障害メニュー】
【車両関係メニュー】 【社会の縮図TDRメニュー】
【法律関係メニュー】 【トイレについてメニュー】
【障害者総合支援法メニュー】
(※旧障害者自立支援法)
【小児病棟メニュー】
【学校メニュー】 【私が作るバリアメニュー】
【四肢障害メニュー】 【そのほかメニュー】

スマホ版

【お問い合わせ】

© 2005-201 ユニバーサルマインド? All Rights Reserved