ユニバーサルマインド? ホーム福祉情報、バリアフリー情報、ユニバーサルデザインの紹介など、
極私的バリアフリー論などをつぶやいています
クリックで救える命がある。



小さなお子さんをお持ちの方へ
ホーム > 私が作るバリアメニュー > 小さなお子さんをお持ちの方へ


小さな子は若干苦手です、
見た目に対するストレートな言動にですが・・・


20年ほど前の話になりますが、実話です。

たしか、専門学校に通ってた時だったと思います、福岡では有名な私鉄”西鉄”で最寄り駅から、天神(福岡市の中心地)まで、週3日ほど通っていました。

そんなある日、いつもの様に駅のホームへ階段から降りた時、近くに5歳前後ぐらいの(たしか男の子だったと思います)子供さんを連れた若いお母さんがいました。

小さな子供は、目に飛び込んで来るすべての事に好奇心旺盛です、その当時今ほど障害はひどくなかったのですが、歩き方が変な私に、好奇心に満ちた眼で見つめたり、時には指をさし「あのひとへ~ん」と大声で言われたりする事は、外出する際は日常茶飯事で、特に気にもしていませんでした、その場合たいていのお母さんは、さしている指を叩き、よくは聞こえませんが、何か、たしなめていると言った光景に、よく遭遇していました。

しかしその日はチョット違いました(だから覚えているのですけど)

その子に、指をさしながら「あのひとへ~ん」と大声で言われる所まではいつもの事でしたが、その後のお母さんの言葉が凄かった、「○○ちゃんもお母さんの言うことを聞かないとあんな風になるのよ!」
思わず立ち止まり、そのお母さんの顔を見ましたが、汚い物でも見るかのように目をそらし、別方向へ立ち去りました、(ハイ、被害妄想です)

(*-゛-) う゛~ん、たしかに私の場合、親の言うことを聞かない事など、心当たりがありすぎて困ってしまう程ですが
チョットそのたとえはねーだろう!ヽ(`Д´)ノ。

同じような経験をされた障害をお持ちの方は多いのでは?

最近でも、よく子供から「指さし声掛け」を食らいます、その場合状況が許せば、その子のそばに行き、「おじさんのような人が、困っているのを見たら、お手伝いしてあげてね」と、頭を小突きながら、いや、なでながら話しかけたいのですが今まで一度も出来たことがありません^^;。

去年の事ですが、買い物中に、私がよほど困っているように見えたのか、小さな女の子が突然私に近づいてきて、「だいじょうぶ?」と、声をかけてくれました、「うん、だいじょうぶだよ、ありがとう、やさしいね」と答えると、「うん!じゃあね」と言って笑顔を残し、お母さんのもとへ駆けていきました、特に興味本位では無かったようです。

おそらくそのお母さんの教育でしょうけど、初めての出来事でちょっとビックリ。
(まあこの様な事をうっとうしいと言われる方もおられますが・・・)
その日はとても心があったかになりました(^^)

小さなお子さんをお持ちのお父さん、お母さんへお願い。

もし、お子さんが体の不自由な方と遭遇し、好奇心に満ちた眼で見つめていたら、「見るな」とか、「指をさすな」とか、しかるのでは無く、どうか、悪いことをしたからそうなった訳では無く、誰にでも起こりえる事として、「もし、あの人が困っていたら助けてあげてね」と、その子の理解出来る範囲内で、そっとおしえてあげて下さい、きっとその子は、心の優しい人間に育ち、そしてその子が、子を持つ親になった時には、とてもいい時代になっていると、私は信じます。


私が作るバリアメニュー
普通ってなに?
小さなお子さんをお持ちの方へ
先天障害と中途障害
障害は個性か?
隠れる障害者、隠す家族

HOME
【障害者福祉制度メニュー】 【視覚障害メニュー】
【障害者手帳の取得メニュー】 【聴覚障害メニュー】
【障害年金メニュー】 【発達障害メニュー】
【車両関係メニュー】 【社会の縮図TDRメニュー】
【法律関係メニュー】 【トイレについてメニュー】
【障害者総合支援法メニュー】
(※旧障害者自立支援法)
【小児病棟メニュー】
【学校メニュー】 【私が作るバリアメニュー】
【四肢障害メニュー】 【そのほかメニュー】

スマホ版

【お問い合わせ】

© 2005-2015 ユニバーサルマインド? All Rights Reserved